medU-netについて

HOMEmedU-netについて > medU-netとは

medU-netとは

医療系産学連携ネットワーク協議会(medU-net)とは

大学の研究発展、並びに社会貢献といった大学の使命に対し、重要な役割を担う産学連携活動において、特に医学分野に関しては、特許成立や技術移転の困難性、契約や遵守すべき法令などにおいて、当分野特有の課題が多数存在しています。医学系の産学連携活動を円滑にまた適切に展開するためには、全国の医学系大学の産学連携部門の担当者による協力体制を構築することが効率的ではないかと考えます。

そこで、東京医科歯科大学知的財産本部では、2009年10月医学系大学産学連携ネットワーク委員会を設立し、このたびネットワークを設立しました。

2016年には、アカデミアの枠にとらわれない産学連携活動を推進するために、会の名称を「医療系産学連携ネットワーク協議会(medU-net)」といたしました。

協議会会則 [ PDF 204KB ]

ミッション

本会は、医学系大学の産学連携協力体制の構築を通じて、医学研究の発展と大学の社会貢献を支える産学連携活動のレベルアップと活性化に寄与し、延いては医療の発展に資することを目的とします。 課題検討へ向けた取組み(課題の抽出・検討・統一見解策定) 情報の一元化・情報発信 協同による産学連携の活性化(相互活用)

(1)医学系産学連携に係る協力体制の構築と課題解決
(2)医学系産学連携関連情報等の発信及び施策等の提言
(3)年次会議及び分科会等の開催
(4)国内外の医学系産学連携機関等との交流、連絡及び調整
(5)その他、目的達成のために必要な事業