medU-netの活動

HOMEmedU-netの活動 > 専門部会

専門部会

専門部会のご紹介

現在、当協議会では、 運営委員会のもとに以下の専門部会を設置し、各テーマ毎に活動しております。

専門部会の成果物等には、medU-net会員のみ閲覧が可能な資料もございます。
TOPページよりユーザー名とパスワードを入力してログインして下さい。

知財・レギュラトリーサイエンス専門部会

専門部会名 ■ 知財・レギュラトリーサイエンス専門部会

概要
大学等の産学連携関係者がこれらを効果的に支援する体制の構築や人材の育成を行うために必要な情報共有や課題解決を図るべく、セミナーや検討会等を実施

平成28年度の活動予定
●レギュラトリーサイエンスセミナー~事例から学ぶ~
●ケーススタディワーキング

知財管理WG

WG名 ■ 知財管理WG(医学系特許成立への問題・外国出願等)

概要
~制度の有効活用の観点から(米国仮出願、JPO審査・審判実務への対応の視点)~
国内外の出願制度の活用方法について検討します。
大学等の具体的な事例検討や実務担当者の意見交換を基に理解を深め、既存の制度の有効活用を目指します。

~制度改正の観点から~
医療系知財に関係する政策や制度改正に大学の立場を反映させるための活動を行います。

課題募集
医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)WG 医学系知財の問題についてのアンケートのお願い
医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net) 「医学系知財の問題について(医学系特許成立への問題・外国出願等)」WGでは、 特に医学・医療系の発明について注目し、国内外の出願制度の活用方法について検討します。
制度の有効活用の観点から、大学等が国内外の特許庁で権利取得する際の手続きに関し、 具体的な課題事例を集約し、有識者や実務経験者の意見交換を基に検討を進め、 会員の皆様が既存の制度の有効活用のための理解を深めることを目的としています。

平成25年度 知財管理WG 報告書 PDF
(こちらの資料は非会員・個人会員も閲覧可能です)
平成24年度 ライセンス契約の考え方 ライセンス契約における各条項の考え方PDF

 

リスクマネジメント専門部会

専門部会名 ■ リスクマネジメント専門部会

概要
産学連携リスクマネジメント業務を円滑に遂行するための教育プログラム(契約セミナー)、事例検討会(ケーススタディワーキング)、ハンドブック作り等に取組むことを目指し活動

平成28年度の活動予定
●産学連携実務のための契約セミナー
●利益相反マネジメントセミナー+ケーススタディワーキング

医学系産学連携契約について(MTA)

WG名 ■ MTA-WG

概要
MTA-WGは、日本全体の医学系MTA実務をレベルアップし、 マテリアル移転の円滑化を促進することを目的としています。 具体的には、医学系MTAに関する知識の共有や、問題点の解決のための活動を行います。

活動方法
・ MTA実務者意見交換会
・ MTA関連情報の収集及びホームページ掲載
・ 各種MTA関連調査
・ 海外との連携
・ 企業との意見交換

(こちらの資料は非会員・個人会員も閲覧可能です)
平成24年度 MTAハンドブック-バイオマテリアルを中心に-(20MB)PDF

医療イノベーション人材専門部会

専門部会名 ■ 医療イノベーション人材専門部会

概要
医療系URAの業務、スキル標準等を検討するための医療系URAワーキング、医療イノベーション推進人材養成プログラムの企画・運営を議論

平成28年度の活動予定
●産学連携実務のためのバイオ入門講座
●ケーススタディワーキング

医学系URAワーキンググループ

WG名 ■ 医学系URAワーキンググループ

概要
医学系URAの課題や解決手法について議論するだけでなく、医学系URA制度のあり方や今後の展望について、アカデミアと意見交換を行うワーキンググループ。将来的には、医学系URAの日本版モデルを確立し、研究支援のあり方に一石を投じる機会に発展できればと考える。

将来構想専門部会

専門部会名 ■ 将来構想専門部会

概要
製薬協会との定期意見交換を通じて、産業界の有するmedU-netへの要望と期待を把握。 本質的な課題を探り、相互のニーズに応えるべく、対応可能な解決策を共に創る

平成28年度の活動予定
●日本製薬工業協会との定期意見交換会
◆「創薬シーズ相談会」
公益財団法人 都市活力研究所との共催で、アカデミア法人会員に属する研究者が保有する創薬シーズについて、製薬企業の研究者から創薬に向けてのアドバイス・意見をもらう場を設け、医療イノベーション創出の実現を目指す。

medU-bridge ワーキンググループ

WG名 ■ medU-bridge ワーキンググループ

概要
製薬企業へのアンケート、及び製薬協会との定期意見交換を通じて、製薬企業の有するmedU-netへの要望と期待を把握し、medU-netアカデミア機関が産業界に提供できるサービス等へのアクセスについて考えることを目的とする。

活動方法
medU-netならびにアカデミアに対する産業界の要望や期待を把握し、medU-netの会員大学の連携シーズと医薬品医療機器の開発への橋渡しを担う。 日本製薬工業協会との定期的な意見交換をおこなっている。

⇒平成25年度 公開シンポジウム「medU-bridge ワーキンググループ活動報告」 PDF

medU-net各種WGの成果物は、法人会員のみ閲覧が可能です。
TOPページよりユーザー名とパスワードを入力してログインして下さい。

実態調査専門部会

専門部会名 ■ 実態調査専門部会

概要
各専門部会において抽出される課題について、医学系研究成果・国内の大学・公的機関の事例等の実態を調査し、分析を行う。

平成28年度の活動予定
●未定

医学系研究成果の海外へのライセンス活動事例の紹介

WG名 ■ 医学系海外ライセンス調査会

テーマ 「医学系研究成果の海外へのライセンス活動事例の紹介」

概要
○ 目的
医学系研究成果について、国内の大学、公的機関、TLO等による海外でのライセンス活動の事例や、海外企業からの要望等を収集し、紹介する。また、海外ライセンスにおける課題を抽出する。

活動方法
○ 調査項目
・ 各大学の、海外ライセンス方針や戦略
・ 技術移転に関する海外での展示会等への参加状況、そこでの商談事例
・ 英文ポスター、英文リーフレット等の事例
・ 英文ウェブサイトでの情報発信事例
・ 海外企業への技術紹介レター発送事例
・ その他の海外ライセンス営業事例
・ 海外駐在の国際産学連携コーディネータ、海外マーケティング拠点等の整備・活用事例
・ 海外特許事務所・法律事務所・コンサルタント等との協力体制の事例
・ 海外の大学等での事例
・ 海外企業から我が国大学への要望等
・ 国内ライセンスと海外ライセンスとの相違
・ 工学系ライセンスと医学系ライセンスとの相違
・ その他

(こちらの資料は非会員・個人会員も閲覧可能です)
平成23年度 報告書 medU-net ライセンス・ワーキンググループ調査報告(310KB)PDF

◆ 終了した過去のワーキンググループはこちら