イベント・各種有益情報

HOMEイベント・各種有益情報 > 【終了】文部科学省 大学等産学官連携自立化促進プログラム【機能強化支援型】 国際的な産学官連携活動の推進 国際シンポジウム

イベント情報

【終了】文部科学省 大学等産学官連携自立化促進プログラム【機能強化支援型】 国際的な産学官連携活動の推進 国際シンポジウム

平成23年1月26日(水)14:30~17:00

「大学発バイオ医療技術の実用化の行方」

産学連携の本格的な開始となった日本版バイドール法から12年経ちました。大学発バイオ医療技術を商用化するまでに長い時間と多くの資金が掛かるために、 日本での成功例は、まだまだ少なく、多くの段階を含むシステム構築が必要となります。日本が、これからの国際競争に打ち勝つためにも、日本全体で産学連携 のシームレスな体制を構築することが必要となってきます。今回、Ashley Stevens(米国ボストン大学技術移転機関OTD、AUTM会長)および、九州大学ビジネススクール高田 仁 先生をお迎えし、大学発バイオ医療技術の実用化の行方について討論を行いたいと思います。

講師:
Dr. Ashley J. Stevens(President , AUTM / Special Assistant to the Vice President for Research Technology Development Boston University)
高田 仁氏(九州大学大学院 経済学研究院 産業マネジメント部門 准教授)
モデレーター:
鈴木 睦昭氏(国立遺伝学研究所 知的財産室 室長)

会場:東京医科歯科大学 歯科棟南4階 特別講堂
定員:140名
参加費:無料・申込制・同時通訳付