イベント・各種有益情報

HOMEイベント・各種有益情報 > 【終了】第3回文理融合シンポジウム 「グローバルヘルスと知財戦略:障壁から投資誘因・活用へ」 -医療技術実用化オープンイノベーション促進のための法基盤整備の新展開-

イベント情報

【終了】第3回文理融合シンポジウム 「グローバルヘルスと知財戦略:障壁から投資誘因・活用へ」 -医療技術実用化オープンイノベーション促進のための法基盤整備の新展開-

平成23年6月4日(土)13:00~18:00

早稲田大学重点領域研究機構
知的財産拠点形成研究所(IIIPs-Forum)主催

第3回文理融合シンポジウム
「グローバルヘルスと知財戦略:障壁から投資誘因・活用へ」
-医療技術実用化オープンイノベーション促進のための法基盤整備の
新展開-

場所:早稲田大学 戸山(文学部)キャンパス36号館382教室

米国では、公的・私的資金に支えられた各種の営利、非営利団体、大学等研究機関が、様々なグローバルヘルス関連研究開発・ヘルスケア等提供事業を展開し、ひとつの産業セクターを形成し、米国の国際競争力維持に大きく貢献している。

これに対し、日本では、世界有数の公的資金の投入にも拘わらず各種団体・機関の活動は米国に比べ格段に低い。その要因としては、多くの医療関係者が特許を 障壁と考え、投資誘因の手段として十分に活用していないこと、特許の活用により医療技術のオープンイノベーション促進させるための法制度基盤が確立されて いないことが考えられる。本シンポジウムでは、2月のシンポジウムに引き続き、法と医の協働のもと、日米のグローバルヘルス営利・非営利機関で活動する研 究者及び法曹関係者を講演者として、知的財産権活用の法基盤整備の新展開について議論する。

◆プログラム詳細:
http://www.globalcoe-waseda-law-commerce.org/project/activity.php?gid=10096#0604