イベント・各種有益情報

HOMEイベント・各種有益情報 > 【終了】グローバル特許権行使戦略セミナー 「米国特許法改正及びEU知的財産権行使指令の影響と日本企業戦略トレンド」

イベント情報

【終了】グローバル特許権行使戦略セミナー 「米国特許法改正及びEU知的財産権行使指令の影響と日本企業戦略トレンド」

グローバル特許権行使戦略セミナー
「米国特許法改正及びEU知的財産権行使指令の影響と日本企業戦略トレンド」
URL:http://www.iiips-forum.com/symposium.html#0630

米国改正特許法(America Invents Act)は、特許不実施企業(いわゆるパテントトロール)対策として、USPTOにおける複数の付与後異議申立制度を導入すると共に、連邦地裁における特 許権行使手続においても各種の変革をもたらしました。一方、ドイツ裁判所は迅速且つ信頼性の高い侵害判断で知られ、欧州のみならず米国特許権者によって戦 略的に利用されています。特に、特許無効の抗弁を許さず広いクレーム解釈を行うことによって特許権者有利なフォーラムとして知られ、一旦侵害と判断される と、特許権者による特許の実施の有無に拘わらず、差止命令が執行されます。 本セミナーでは、米国における特許訴訟に関する各種情報のデータベースを構築 したスタンフォード大学のマーク・レムリー教授に基調講演をお願いし、改正前特許法における特許訴訟制度の統計的分析及び改正法が与える影響について講演 して頂きます。その後、訴訟経験豊かな米国及びドイツの弁護士並びに国際訴訟を経験した日本企業の弁理士によるパネルディスカッションを通して、米国及び ドイツ裁判所における権利行使の長短を検討し、国際的フォーラムショッピング等、日本企業のための特許権侵害訴訟における攻撃防御の戦略を考察します。

【時間】平成24年6月30日(土)13:30~18:10
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス 小野記念講堂

【主催】
早稲田大学 重点領域研究機構 知的財産拠点形成研究所(IIIPS-Forum)
【共催】
東京医科歯科大学 産学連携推進本部
早稲田大学 法研グローバルCOE 知的財産法制研究センター(RCLIP)

文部科学省 イノベーションシステム整備事業
大学等産学官連携自立化促進プログラム【機能強化支援型】
国際的な産学官連携活動の推進